無肥料のトマトとキュウリが調子良い。

0
    トマトの葉からわき芽が
    今年のトマトは非常に元気に育っています。ハウスの中に定植したのも良かったようで、雨にぬれる事も無くトマトが割れることなく収穫できています。定植してから当初より葉色が今までに無く濃くて順調でした。と言うか、あまりに緑が濃いため窒素過剰かと心配もしていました。今となっては、今までに無く順調で元気な成長だったことになります。画像のように葉から側枝が沢山発生しています。主枝と葉の付け根から出る側枝ではなくて、葉の主脈から発生しています。画像のトマトが植わっている場所は4年くらいは雨にあたらず、何も植えてなかった所で、カチカチの土を三つ鍬で起こして定植しました。全くの無肥料です。有機物を漉き込んだり撒いたりしたことも有りません。どう言うことなのでしょう?・・・休めた土で作物が好く出来たと言う話は効いた事も有りますが、もしそうだとすれば休めている間にいったい何が起こっているのでしょう。しかも有機物の土への循環も無く雨も無く、かなり乾燥した状態でした。表面はカチカチでしたが乾燥した状態なので空気はある程度の深さまで入っていたと思いますし、好気性の微生物の働きはあったかも知れません。有機物の供給はしていませんので、僅かに元々あった有機物が分解され、雨による流亡が無い為に、土が富養化していたのかも知れません。乾土効果というキーワードが非常に気になります。実験が必要です。
    キュウリ一節に2個成ります
    こちらはキュウリの様子です。これも今年は例年と違った様子を見せています。画像のように1節に2個成ります。苗の時から節間が詰まっていましたが今も節間は短くガッチリしています。籾殻と藁の敷き草のみで米糠を少し撒いた以外は何も与えていません。畝に直径2cmの棒を差してみましたが1m程入りましたが、ここの畑では特別ではありません。広めな畝で空いたスペースも有るので小豆でも撒いておこうと思います。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    Home

    オヤジのHOME

    《自然栽培の人参》販売中

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 無肥料自然栽培でチンゲンサイも立派に育ちました。
      オヤジ
    • 無肥料自然栽培でチンゲンサイも立派に育ちました。
      yuu
    • 最初の人参を収穫しました。
      oyaji
    • 最初の人参を収穫しました。
      NIGO
    • 夏取りの人参は残念な結果となりました。
      oyaji
    • 夏取りの人参は残念な結果となりました。
      NIGO
    • 連日の雨、それも豪雨 そして日照不足。6月に入ってから殆んど太陽を見ていません。
      オヤジ
    • 連日の雨、それも豪雨 そして日照不足。6月に入ってから殆んど太陽を見ていません。
      uehara
    • 自然栽培の人参 いよいよ販売できる様になりました。
      オヤジ
    • 自然栽培の人参 いよいよ販売できる様になりました。
      F.konishi

    links

    • home.gif

    profile

    書いた記事数:239 最後に更新した日:2019/11/18

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM