家庭菜園ナスの移植と実験

0
    ナスセルポット籾殻実験

    ナス定植

    敷き草が成長にどの程度影響しているのかセルポットで試してみました。最初の画像がそれになります。畑の土をポットに詰め3月24日に播種し、4月13日に生えてきた草を取り籾殻を表面に薄く撒いた所と籾殻を撒かなかった所で比較してみました。画像のように明らかに生育の違いが出ています。籾殻処理区のほうが勝っています。これはどのように考えたらよいのでしょう。籾殻が土の乾燥を防いだ?表面に土の膜が出来るのを防いで土中への空気の供給が出来た?使用した籾殻は循環型精米機から出たもので、若干の米糠も混ざっておりそれも含めて分解により養分供給が行われた?。現時点でおそらく養分供給ではないかと考えています。現在ほうれん草で同じような実験をしています。籾殻は同じものと、籾摺り機から出た大粒で米糠が含まれてないもので比較しています。今日現在なにも施していない畑の土を使用した区が発芽がそろってきました。籾殻区はほとんど発芽していません。特に循環型精米機の区は皆無です。表面で発酵が起きて発芽を抑えているのかもしれません。もう暫く観察してみます。
    2番目の画像は4月24日にナスを定植した直後です。ナスと一緒にネギを植えつけました。1週間たった昨日、下葉が黄色っぽく成って来ました。畝幅は120センチと大きくしていますが、高さは低く、ここのところの雨であまりよくないことになっているのかも知れません。いつもの事ではあるのですが肥料は全く施していません。有機物も少ないように思われます。1月に米糠にEM散布して実験していたものが最近糠味噌のような匂いを発するようになっていたものを敷き草を少しめくって一つまみづつ撒いて表土と軽く混ぜました。こちらも経過観察です。
    児玉畑に撒いた人参は、発芽後に雨が無く心配な状況でしたが、ここ数日の雨で元気付いてきているようです。ここ2年は夏取りの人参が大きくならなくて残念な事になっていましたが何とか育って欲しいと、祈るような思いで毎日見ています。人参が出来れば、ナスやピーマン、キュウリなんかをおまけでお付けする事も出来るのですが、人参しだいです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    Home

    オヤジのHOME

    《自然栽培の人参》販売中

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 無肥料自然栽培でチンゲンサイも立派に育ちました。
      オヤジ
    • 無肥料自然栽培でチンゲンサイも立派に育ちました。
      yuu
    • 最初の人参を収穫しました。
      oyaji
    • 最初の人参を収穫しました。
      NIGO
    • 夏取りの人参は残念な結果となりました。
      oyaji
    • 夏取りの人参は残念な結果となりました。
      NIGO
    • 連日の雨、それも豪雨 そして日照不足。6月に入ってから殆んど太陽を見ていません。
      オヤジ
    • 連日の雨、それも豪雨 そして日照不足。6月に入ってから殆んど太陽を見ていません。
      uehara
    • 自然栽培の人参 いよいよ販売できる様になりました。
      オヤジ
    • 自然栽培の人参 いよいよ販売できる様になりました。
      F.konishi

    links

    • home.gif

    profile

    書いた記事数:239 最後に更新した日:2019/11/18

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM