家庭菜園のキャベツが玉に

0
    キャベツが玉に
    籾殻
    このキャベツは慣行栽培用に育てた苗が余ったので、不耕起の家庭菜園の畝に定植したものです。慣行栽培の定植より多分1週間から10日くらい遅れて定植したと思います。慣行のものはすでに大きくなって収穫を終えました。 あきらめていたものが食べれるようになるのだから、嬉しいのですがとにかくゆっくりです。炭素循環農法では慣行を超える生育と聞きます。何でもやってみる必要が有ると思います。頑なに何かを信じるのではなく、とにかくやってみる、試してみて考えるその繰り返ししかないです。いわゆる有機栽培も畑を別にしてやってみる必要が有ります。自然栽培の人参も今回は大きな課題が出来ました。雑草の発芽を抑えるために整地耕うんの回数を増やし浅く細かくやったもので、雨が多かったせいもあり土がカチカチになりました。耕うんのやり方とタイミングに相当な工夫が必要です。雑草は確かに抑えたのですが。 今年は新しい畑も準備できそうなのでこちらで籾殻をしっかり入れて籾殻の土壌に対する効果も実験してみます。籾殻の分解時に窒素飢餓が起こるのかどうかも興味があります。積み込んで発酵させている籾殻も準備していて、こちらは人参の培土のときに畝間に混ぜながら土寄せしてみます。今回やってみたのですが、まったく生の籾殻は地表に近いところで乾燥を受けてほとんど変化しないようです。2番目の画像の手前が積み上げた籾殻、まだこれから持ち込みます。奥の畳で囲っているのが発酵させている籾殻ででもう一つ有ります。1ヶ月近くたった時点でも表面から20センチくらいのところは熱く多分50度近くを保っていたと思います。完全に分解する必要はないと考えています。畑に入れて一作でなくなってくれるようになればと考えています。 今年はとにかく色々やってみます。オヤジの栽培はとにかく有機栽培、でも有機栽培にも色々あって、たとえ無肥料自然農法や高炭素資材を利用する炭素循環農法、微生物を積極的に生かす微生物農法、不耕起あり、半不耕起あり、ただどれも自然の力を生かして農薬に頼らない安全な野菜を目指している事に違いは有りません。 色々やってしっかり報告してまいりたいと思います。 応援してくださる方がもしおられれば、嬉しいです。

    雑草堆肥を作ります

    0
      雑草堆肥1
      今まで堆肥は積極的に作っていませんでした。理由は、堆肥化することによる有機物の消耗を嫌ったからです。しかし問題がありました、雑草の種です。発酵熱による処理を経ていない未熟な雑草を畝に撒くと、時にとんでもない量の草の発芽を見ます。直播の作物などでは草に負けて大変な事になっていました。畑の中での有機物循環を主流に考えてはいますが、処分しなければならない刈り草や、抜いた草は沢山出ます。積極的な利用では有りませんが、雑草の種が発芽しない程度の完熟に近い堆肥化はやはり必要です。 画像は5月25日に、刈りとって1ヶ月ほど仮積しておいた刈り草に竹林から採取して米糠で拡大培養していた土着菌7.2キログラムと米糠4圓魏辰┐得僂濆んだところです。26日には68℃、30日には58℃になっていました。もう少し温度が下がったら切り返しをする予定です。

      土着菌の採取と拡大培養

      0
        土着菌を採取
        米糠で拡大
        近くの竹林からはんぺんを持ち帰り酢飯でこうじ菌を採取しました。わずかに甘酒の匂いがします。2つの桶は海水希薄水で水分調整した物と、水で水分調整した物です。5月6日の朝し込んで5月7日の朝にはもうかなり熱を持っていました。 海水の方は45℃、水のほうは42℃。3℃の違いですが攪拌する手には結構違いが有ります。 出来あがったら、ビスケットの様にして乾燥させ敷き草の下の所々に置いてやろうと思います。敷き草のしたの糸状菌の菌糸のところには作物の根が集中しているのを見ています。

        春の雪

        0
          春の雪
          8月播きの
          9月直播のキャベツ結球
          久しぶりの更新となります。ここ最近はほとんど雨の日が続き農作業がはかどりません。今日なんか夜明け前からやけに冷え込むと思っていたら、雪です。風も相当に強くて、これから播種予定の人参の畝に、微生物活性をねらってマルチをしていたのが風でめくれて、吹雪の中を直しました。 収穫の終了した、8月播きの人参の畝の除草と、燕麦を刈り倒し畝の上に敷き草しました。今日仕上げる予定でしたが、まだ半分くらいです。この畝は次はツクネ芋とジャガイモ、販売用の人参を播種の予定です。本当ならジャガイモはすでに植えつけているはずでした。種芋はすでに切って用意しているのですが(T_T) 9月16日にオクラが植わっている所へ直播したキャベツが結球し始めました。当初より全く虫の害も無く、肥料も堆肥も無しでやたらゆっくりでは有るがきれいに育っています。とう立ちの心配もあるので、早めに味見してしまいます。9月播きの人参は、やっぱり播くのが遅くなったのも影響して、全てが収穫には至らない様子です。 でも人参を育てながら次作の為に畝の養生はすでにと言うか、常にやっているつもりですから、人参を抜いてしまえばいつでも種は播けます。次は畝の肩に豆科の緑肥も混植の予定です。肥料をやりませんから、肥沃度を上げるには必要でしょう。8月播きの人参でプリプリの良い人参が出来ましたから、それを目指してやります。

          バークをし入れてきて積みました。

          0
            バークを積みました
            今まで有機物に主に雑草と稲藁、緑肥作物を利用してきましたが、これからバークの利用をやってみることにしました。近所の木材工場で軽トラ一杯、当て板を立てて満載で500円でした。 地元産の杉の皮なので、海水貯留による塩分の混入も無いのでその点では安心と思います。バークは心材に比べて分解しやすいそうですし、森林の中で木質の腐朽に働く担子菌や子のう菌の胞子が多く取りついているのではないかと予想しています。 軽トラから下ろしながら米ぬかを約10kgほどまぶす様に入れてみました。

            家庭菜園用の不耕起畝を準備しました

            0
              冬野菜不耕起畝

              この秋からは、家庭菜園と自然栽培人参は全て不耕起に切り替えました。
              これから転換されて行くと言うことですが。
              画像は不耕起畝の一つで、ナスのとなりの家庭菜園用の畝を準備したところです。使用したものは、半熟の雑草と米ぬか、枯草、草木灰、希薄した海水です。
              冬野菜を定植または種まきしていく予定です。ミミズを山陰で繁殖させて不耕起畝への移住も予定しています。作物を栽培するよりも、ミミズが住める環境作りを心がけたいと考えています。
              野菜は自然に自然が育てる(^。^)
              目指しています それを

              久しぶりです

              0
                人参発芽

                久しぶりのupです。家庭菜園のオクラもナスもトウモロコシも上々の出来でした。スイカは今年初めて大玉を作りましたが大きいものは10k近くに、平均して8kの物が一株に1個出来ました。ジハイキュウリは殆ど収穫できませんでした。ペポカボチャは現在旺盛に成長しています。海老芋もすばらしい成長です。
                今日の画像は今年2回目の自然栽培の人参の発芽です。既に雑草の発芽も負けないくらいに有り、これから先草取りに追われることになるでしょう。

                ただ一番の心配事は、台風13号の今後の動向です。大雨になれば今発芽したこの人参ともおさらばとなってしまう事も有ります。
                ハウスのビニールを取り外す作業も必要です。
                順調に育っている自然薯の柵が倒れないか心配です。

                これからしっかりとupして行こうと思いますので、ご覧頂いておられる皆様宜しく御願い致します。

                田圃に親芋を播く

                0


                  サトイモの親芋を切って放置していたものが、かなり腐熟してきました。それを我が家で食べる米を栽培している田圃に播いています。この後しばらく置いてトラクターで浅く混ぜ込みます。きっと微生物達のの良い餌になって、秋の豊作に協力してくれるはずです。良く太った親芋にはミネラルがいっぱ含まれているはず。
                  土の微生物は、ベジタリアン!?作物残さや雑草を発酵菌が活躍出来るようにうまく還元してやるには人は何をすれば良いのか。いつも考えています。

                  踏み込み温床の枠を作りました。

                  0
                    踏み込み温床の枠が完成しました

                    温床には、電熱温床と踏み込み温床があります。我が家では夏野菜のピーマン苗を作るために必要です。どちらにしようかと色々考えてみましたが、踏み込み温床を作る事にしました。その理由は、まず電熱温床は電気代が250W電熱線を使用するため、結構かかるのではないかと思うこと、オヤジは身近に有る特に自然にあるものを出きるだけ活用したいと日ごろから心がけている。写真で見える外枠の竹は、自宅前の勝手に茂った竹やぶを地主さんに許可を得て刈り取ったもうそう竹を50センチの長さに切って割った物、枠組の細い竹はオヤジがまだ暑い頃、川土手に自生したものを刈りとって保管していた物、藁は我が家の自家消費用の米を栽培した時に出た物。
                     この後、2月下旬から3月始め頃播種する2〜3日前に刻んだ藁と、糠を水を供給しながら約50センチの厚みに踏み込んで行きます。微生物の働きで30度位の温度が確保出来るようにします。
                     使用済みの藁は積み上げておいて来年の今ごろには良い堆肥になり、竹は焼いて竹炭か草木灰にして畑に使用します。
                    田舎には、ただで使えるものが結構あるものです。
                    ただオヤジは、町に住んでいた頃は電化製品は取引先の電気量販店の排家電を拾って来て自分で修理して使ってきた。おかげで我が家はテレビやビデオなんかは買った事なかった。町にもただのものがたくさん有る。
                     近い内に当地の粗大ゴミ収集所を突き止めて行って見たいとも考えている。
                    そこはきっと宝の山に違いない。

                    雑草の鋤き込み準備

                    0

                      昨年の夏の暑いさなかに刈り取り積み上げておいたものを、今年の春に自然薯を定植する予定の畑に播きました。明日、わずかばかりの米ぬかと共に鋤き込む予定です。そうすることにより自然の森の中の土を再現するのです。


                      1

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      Home

                      オヤジのHOME

                      《自然栽培の人参》販売中

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 無肥料自然栽培でチンゲンサイも立派に育ちました。
                        オヤジ
                      • 無肥料自然栽培でチンゲンサイも立派に育ちました。
                        yuu
                      • 最初の人参を収穫しました。
                        oyaji
                      • 最初の人参を収穫しました。
                        NIGO
                      • 夏取りの人参は残念な結果となりました。
                        oyaji
                      • 夏取りの人参は残念な結果となりました。
                        NIGO
                      • 連日の雨、それも豪雨 そして日照不足。6月に入ってから殆んど太陽を見ていません。
                        オヤジ
                      • 連日の雨、それも豪雨 そして日照不足。6月に入ってから殆んど太陽を見ていません。
                        uehara
                      • 自然栽培の人参 いよいよ販売できる様になりました。
                        オヤジ
                      • 自然栽培の人参 いよいよ販売できる様になりました。
                        F.konishi

                      links

                      • home.gif

                      profile

                      書いた記事数:228 最後に更新した日:2018/05/29

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM